メルカリで使える発送方法のランキング作ってみた

      2016/03/23

ic_merikari_ranking

どの発送方法が一番オトクなのか?

ネットで物を売って発送するときに誰しも考えることです。

では、「オトク」とは一体何か?

もちろん、「値段」も大切ですが、

  • どれだけ安全か?
  • どれだけ簡単か?
  • 大きさはどの程度までいけるのか?
  • 追跡や補償はついているのか?

なども重要になってくると思います。

そこで、今回は、
メルカリで使える発送方法の
総合おすすめ度ランキングを作りました。

値段・・・どれくらい安いか
簡易性・・・どれくらいお手軽か
安全性・・・どれくらい安全か
その他オプション・・・追跡サービスや補償など

を5段階評価でつけていきます。

 

 

ではいきましょう!

 

目次

・・・とその前に、比較表を

これはこちらの記事
【最新】メルカリで送料が1番安いのはどれ?13種類の発送方法の値段を比較!
を作るために作った比較表です。

 

スクリーンショット 2016-03-22 17.55.04

 

hikakuhyou_heavy

重さと大きさごとに
どの発送方法が一番安いかを調べるために作りました。

ただ、あくまでも発送方法は
「安さ」だけが重要じゃないと思うので

各大きさと重さで、

最も安い発送方法と
最もオススメの発送方法の2つを

こちらの記事で紹介しました。

 

今回の記事では、
さらに1つ1つの発送方法を深掘りしていき
安さはもちろんのこと、

簡単か、安全か

またオプションはどれくらいつけることができるのか?

といったところまで解説していこうと思います。

1位:らくらくメルカリ便

ぴょこた
メルカリで使える発送方法では現時点最強!

   値段
  簡易性
  安全性
オプション

その他オプション

・匿名発送
・商品代金を全額補償
・住所入力不要
・メルカリ内で使える追跡サービス

ファミリーマートでも使えるようになったらくらくメルカリ便ですが、
値段面においても機能面においても正直これが最強です。

 

重く、遠くなればなるほど安い!

もちろん、いくつかの発送方法で値段面で負けることはあります。

普通郵便、クリックポスト、ポスパケット、レターパックライト

などのほうが、安い場合もあります。

ですが、その他の場合は基本的には「らくらくメルカリ便」が一番安いです。

特に荷物大きくなればなるほど
そして、荷物の送り先が遠くなればなるほど
他と比べて安くなっていきます。

 

機能面でも神レベルで充実

また、仮に他の発送方法が安かったとしても
こちらのメルカリ便は機能面で他を凌駕します。

 

匿名発送

個人情報などのプライバシーが気になる人は、
もうらくらくメルカリ便しかありません。

匿名発送に対応している発送方法はほとんどありません。

メルカリ便はQRコードに住所情報を組み込ませることにより住所のデジタル化をしているので、利用者同士の情報がわからなくても、機械が分かれば大丈夫という工夫をしているのです。

これにより、これまでネットでの買い物は個人情報が不安だわ・・・

と言っていた人も安心して買い物できるようになりました。

そういう不安を抱えていた人も、巻き込んでしまえるのが一番大きな特徴です。

住所入力不要

上にも紹介したように、らくらくメルカリ便では匿名発送を採用しているため、住所や名前のやり取りは全てQRコードで行います。

そのため、住所や名前を改めて書いたり入力したりする必要がないのです。

だからこそ、めちゃくちゃ時間が短縮できます。

 

伝票に住所と名前を書いて、それを印刷して郵便局に持っていく

ということはしなくていいのです。

QRコードをコンビニやヤマトにおいてある専用の機械に読み込ませて、伝票を発行すれば後は、荷物にそれを貼るだけです。

とても簡単で、圧倒的な時間短縮になりますよね。

 

商品代金を全額補償

配送中に何かトラブルがあったときには、その商品の代金を全額補償してくれます。

この補償サービスも他の発送方法にはなかなかあるサービスじゃありません。

定形などでは、トラブルがあったときに商品を元の状態に戻すのがかなり面倒くさいですが、メルカリ便ではどんなに悪くても補償があるので安心です。

追跡サービスがメルカリアプリ内で!

らくらくメルカリ便には追跡サービスがついているんですが、なんとこれがメルカリのアプリ内で使えます。

しかも、追跡番号などの入力をする必要がありません。

 

通常、追跡番号を各サイトの既定の場所に入力することで、今荷物がどこまで届いているのかを見ることができます。

これってちょーっとだけ面倒くさかったりするんですよね。

サイトに飛んだり、長い番号を入力したりするのが。

 

でも。

メルカリ便の場合は、QRコードに追跡番号の情報も組み込まれているため、番号を入力しなくてもデータが予めメルカリのアプリの中に入力されちゃうのです。

 

これは、画期的ですよね。

 

 

住所も名前も追跡番号も全てQRコード化され、全てがアプリの中で完結する。

簡易性というか楽さがピカ一です。

 

ファミマがあって、面倒くさいならメルカリ便

 

・近くにファミリーマートがある
・考えるのが面倒くさい

という場合は、らくらくメルカリ便一択でいいと思います(笑)

弱点は、ファミマorヤマトがないと使えないこと

近くにファミマやヤマトがない場合は、使うのが困難になります。

弱点はそこだけですね〜。

 

2位:クリックポスト

ぴょこた
超簡単、超便利!No.2の発送方法

  値段
  簡易性
  安全性
オプション

日本郵便と、Yahoo JAPANがコラボして作った比較的新しい発送方法です。

オプションこそついていないですが、
かなり幅広い物を送るときに、使えるサービスです。

私も、自分がよく発送を使っていた時は
らくらくメルカリ便がまだファミマに対応していなかったので、
クリックポストをよく使っていました。

方法は簡単で、

Yahoo JAPANIDで専用サイトにログインした後に、住所情報などを入力し、ヤフーウォレットでクレジットカードなどで決済します。

完成した伝票を印刷して、荷物に貼り付ければ完成です。

 

全国一律164円(税込み)

クリックポストはなんといっても安いです。

大きさの制限はありますが、ポストに入るサイズであれば
基本は大丈夫と考えてもらって大丈夫です。

その大きさを満たしており、かつ1kg以内であれば
全国一律164円で送ることができます。

これは、らくらくメルカリ便よりも安いです。

追跡サービスがついている

かなり小さいものであれば、
この後紹介する「定形・定形外郵便」の方が安くなるのですが、
その分、こちらのクリックポストは定形と違い

追跡サービスがついています。

荷物の配達状況を自分も相手も確認できるので
双方にとって安心材料になります。

ポスト投函が可能

さらにこのクリックポストは
荷物を用意して伝票を貼っておけば
ポストから投函することができます。

 

欠点は、必要な物が少し多め

私からすれば、別に欠点でもなんでもないんですが、
クリックポストは、色んな使用条件があります。

・プリンター
・パソコン
・Yahoo JAPANID(無料で使えます)
・Yahoo!ウォレットで決済

最低でもこの4つがないと
伝票を作ることができません。

らくらくメルカリ便と比べ、住所は
パソコンで専用のサイトに入力する必要がありますし、
それを自身で印刷する必要があります。

自分の家のプリンターでもいいですし、コンビニのプリンターまで持って行って印刷してもいいです。

Yahoo JAPAN IDを持っていない場合は、それを用意する必要がありますし、
Yahoo!ウォレットで決済する、という条件もあります。

 

全て簡単に出来るので、欠点なようで欠点ではないですが
例えば、プリンターを持っていない人にとってはコンビニまで印刷にいかないといけないので少々めんどくさいかもしれません。

住所入力も、別段難しいわけではないですが、パソコン入力の苦手な人にとっては難しい(?)かもしれません。

 

といっても、この欠点はあるようでないようなもんなので、もしらくらくメルカリ便が使えない場合、あるいは20円くらいを節約したい場合は、クリックポストを使うのがおすすめです。

 

サイズには規定があるので、そこだけ注意して下さいね!

サイズによるオススメ度の一覧はこちらの記事をどうぞ。

 

クリックポストのページはこちら

3位:普通郵便(定形、定形外)

ぴょこた
軽い物なら、これが最安!
ぴょこた
ただし、補償や追跡なし・・・

   値段
  簡易性
  安全性
オプション

小さいものは定形が圧倒的に安い

こちらの表にもありますが、

スクリーンショット 2016-03-22 17.55.04

軽いものであれば、定形郵便が一番安いです。

しかも、結構簡単に送れるので、お手軽感もあります。

 

追跡、補償はなし

ですが、補償や追跡のサービスはありません。

そのため、安全性は他のサービスと比べると「微妙」と言われています。

もちろん、お金を払って使うサービスなので
基本的には届けてくれますが、万が一トラブルが起こった場合に
他の発送サービスと比べて対応が困難だということです。

もし、100円プラスで出してもいいから
安全性を取りたいなという場合は、
らくらくメルカリ便やクリックポストを使用すればいいと思います。

普通郵便(定形・定形外郵便)のページはこちら

 

4位:レターパック

ぴょこた
出来る子レターパック!専用パックを自在に改造!?

   値段
  簡易性
  安全性
オプション

料金:全国一律510円(プラス)or360円(ライト)

2種類の専用パックに送料が含まれている

レターパックは、専用のパックを購入することで使える発送方法です。

全国の郵便局で購入することができるので、ダンボールなどを用意する必要はありません。

しかも、そのパックに発送料金が含まれているため、

梱包資材 兼 発送料金というわけです。

 

通常の発送方法であれば、料金プラス梱包資材となるので、
表にかいた料金よりも少し高くつきます。

そういう意味では、レターパックはそこそこ安い方だと思います。

全国一律料金

レターパックプラスとレターパックライトの2種類あるレターパック。

プラスが510円で

ライトが360円です。

1kg〜4kg、3cm以内という条件の元であれば、
レターパックライトが最安で最もおすすめです。

1kg〜4kg、3cm以上という条件であれば
らくらくメルカリ便かレターパックプラスがおすすめです。

追跡サービス

レターパックにもしっかり追跡サービスがついています。

ポスト投函可能

専用のパックを購入し、荷物をそれに入れます。

その荷物のサイズがポスト投函可能なサイズであれば、ポストに入れるだけで送ることができます。

 

変形可能!!!(ちょい面倒だけど…)

このレターパックの魅力はなんといっても、パックを変形できることです。

こちらのサイトでその変形方法がかなり詳しく書いてあります。

 

レターパック500を立体成形する方法

この記事では定規を削ったりするなどして、かなり拘った変形方法を使っていますが
ここまでする必要は無いと思います(笑)

これを参考にしつつ、簡単に変形するのがいいんじゃないでしょうか?

レターパック500は現在、サービスが終了してるんですが、
今はレターパックプラスとなって形が変わっています。

 

レターパックはのページはこちら

5位:ポスパケット

ぴょこた
隠れた名手!特定の条件の元では一位

   値段
  簡易性
  安全性
オプション

全国一律:360円均一

1kg以内、厚さ3.0〜3.5cmでは最安

軽いけど、厚さが結構あるものに関してはこのポスパケットを使うといいです。

ですが、厚すぎてもダメで(笑)

3.5cm以内という制限があるのでそこは気をつけましょう。

クリックポストやメルカリ便と比べると高いけど

1kg以内だとクリックポストやメルカリ便の方がよっぽど安いですが、
どうしても厚さが増していくと、この2つがダメな場合があります。

その際に、レターパックを使ったり、
メルカリ便の宅急便コンパクトを使うよりも
ポスパケットを使うほうが安い場合があります。

 

まさに隠れた名手、ですね。

 

ポスパケットのページはこちら

 

6位:ゆうメール

ぴょこた
クリックポストの下位互換・・・? でもオプションは多彩!

   値段
  簡易性
  安全性
オプション

 

ゆうメールのページには次のように書かれている通り、

・3kgまでの冊子とした印刷物やCD・DVDを、安価にお届け
・ポスト投函もOK! お手軽に利用できます
・書籍や商品カタログなどの送付に最適です

印刷物やCD・DVDを送るとき限定の発送方法です。

これは、「教材」を販売する際や、
「雑誌」「カタログ」などの本などの発送に使える方法というわけですね。

値段面でも、機能面でも特にそこまで使う必要はないかなぁと思いますが、
ゆうメールはオプションでつけられる機能がとにかく豊富です。

  • 速達

    お急ぎの場合には、速達をご利用いただけます。

  • 書留

    引き受けから配達までを記録し、万一、内容品が壊れたり、届かなかったりした場合にも、差し出しの際、お申し出のあった額を上限とした実損額を賠償します。
    貴重品を送るときに最適。万一のときも安心です。

  • 引受時刻証明

    書留(簡易書留を除きます。)としたゆうメールの引受時刻を証明します。

  • 配達証明

    書留(簡易書留を除きます。)としたゆうメールを配達した事実を証明します。

  • 特定記録

    ゆうメールの引き受けを記録します。

  • 本人限定受取

    書留(簡易書留を除きます。)としたゆうメールを名あて人本人又は差出人が指定した代人に限り交付します。

  • 代金引換

    お客さまに代わって集金業務を行います。

  • 配達日指定

    日曜日・休日も含め、お客さまの指定した日にゆうメールを配達します。

  • 着払

    受取時の運賃・料金お支払いをお選びいただくこともできます。

と、そのままページから引用しますが、

 

テン子
速達で送りたい!
テン子
着払いで支払ってもらいたい!

という場合には、この方法も活用できると思います。

ただし、オプション料金は発生してしまうため、そこは気をつけて下さい。

 

近くに、ファミリーマートもヤマトの営業所もない場合は、
ゆうメールを使うこともあると思います。

ただし、後述するクリックポストの方が
値段性、簡易性も高いので、差し支えないなら
そちらを選ぶことをお勧めします。

 

ゆうメールのページはこちら

 

宅急便系ランキング

ダンボール箱を使った場合の、ランキングもまた別に作ります。

どうしてもA4サイズの発送方法とは大きさも、送るものも値段帯もまったく違うので、
別のランキングにしました。

 

と、またその前に比較表を

hikakuhyou_heavy

おさらいです。

この表の赤背景の部分が最安値を表しているんですが、
これはあくまでも、「同一県内」での送料です。

メルカリ便以外の発送方法だと、
距離が遠くなればなるほど値段は上がっていきます。

 

ですが、メルカリ便は、どこに送ったとしても
この値段で送れます。

とんでもない価格破壊ですよ。本当に。

 

1位:らくらくメルカリ便

ぴょこた
宅急便系でも最強!

   値段
  簡易性
  安全性
オプション

なんだかんだで最強!

上でも紹介しましたが、この発送方法が使えるのなら
メルカリ便一択です。

近くにファミマがあるか、
近くにヤマトがある人はこの発送方法を選んでおけばまず間違いないです。

下に、ゆうパックや、はこBOON、ヤマトの3種類がありますが、
サービス内容も、料金面でもらくらくメルカリ便には勝てないです。

ただ、表にもあるように、
送るのが近所かつ、ある条件が重なった場合には
ゆうパックやはこBOONが安くなることもあるので

安さを重視するのなら、この表を見て判断してみてください。

 

2位:ゆうパック

ぴょこた
メルカリ便の登場で、ファミマ以外はゆうパックで決まり

   値段
  簡易性
  安全性
オプション

メルカリ便が使えないならゆうパック

メルカリ便が使える場合は、特に嫌な理由がなければ
メルカリ便を選んでおいて大丈夫です。

ですが、近くにヤマトの営業所がなかったり
ファミマがない場合は、メルカリ便が使えないですよね。

ファミマがないということは
下記のはこBOONも使えないわけですから、
消去法で「ゆうパック」が2位にピックアップです。

 

小さくて厚くて重くて、近くに発送するならゆうパック

小さいものなら、小さいものランキング内の
レターパックなどが安いんですが、

レターパックに入らないものは、
ゆうパックなどのダンボールを使う発送方法をとるしかありません。

 

ゆうパックは基本的に

サイズと距離で料金が決まります。

だから、小さければ小さいほど安いです。

ですが、上のいくつか出した発送方法で送れるなら
ソッチのほうが安いですし、微妙なポジションですね・・・笑

 

まぁ、郵便局から送れるし・・・

ゆうパック最大のメリットは近場の郵便局から送れることですよね(笑)

郵便局に行けばダンボールも(ちょっと高いですが)買えるし、
郵便局の方がファミマよりもたくさんありますからね。

持ち込みで120円値引き

先ほどの表は値引きしてある値段を載せているんですが、
ゆうパックは店舗に持ち込むと通常料金より120円も値引いてくれます。

大きなものは無理ですが、
一人で持てるサイズのダンボールなら店舗まで持っていたほうが絶対オトクです。

 

ゆうメールと同様オプション豊富

こちらのページにも書いていますが、

オプションはたくさんあります。

メルカリでお世話になりそうなオプションといえば、

・・・代引きくらいですかね?

一応オプションで補償もつけることが出来ます。(別途370円)

 

 

ゆうパックのページはこちら

3位:はこBOON

ぴょこた
王者降格…メルカリ以外の発送なら間違いなくトップ

   値段
  簡易性
  安全性
オプション

メルカリ便がファミマで使える前までは最強

ちょっと前までは、ダンボールで送る発送は
はこBOONが一強でした。

しかし、メルカリ便の登場によって
メルカリ内のランキングは一気に下降しました。

ファミマが近くにあってはこBOONもメルカリ便もどちらも使えるのなら、
あえてはこBOONを選ぶ理由が今のところないからです。

もし、メルカリ以外の場で発送をするなら、間違いなく
はこBOONは最強ランクですが、
メルカリ内だけなら、使う理由はあまりないといえます。

とにかく大きければ得!

はこBOONは大きさではなく、重さで送料が決まります。

ですので、箱が大きくて重い物であれば
ゆうパックよりもかなり得です。

大きくて軽いもの、
例えばふわふわのぬいぐるみや枕なんかは
はこBOONで送るといいですね。

 

場合によっては近場であれば、
メルカリ便よりもはこBOONの方が安い場合もあります。

サイトを使って住所登録し、ファミマへ

メルカリ便と違って、住所や名前は自分でパソコンに入力する必要があります。

公式サイトで住所情報などを入力して、予約し
発送番号orQRコードを手に入れたら

それをファミマに持っていって、
支払い券を入手します。

支払い完了後店員さんから、伝票とパウチ(伝票を箱にはるためのシール付きの透明な袋みたいなものです)
をもらい、箱にはって店員さんに渡せば完了です。

かなり簡単に使えるので、
もしあなたの近くのファミマがメルカリ便に対応していない場合は
はこBOONを使えば間違いないです。

はこBOONのページはこちら

4位:クロネコヤマト

 

ぴょこた
サービスの質も値段も高い

   値段
  簡易性
  安全性
オプション

表を見てもらったらわかると思いますが、
他の発送方法と比べてもとにかく値段が高いです。

基本的に使う理由はないかなと思います。

それに今やメルカリ便があるので、
ヤマトを使うならメルカリ便を使おうという話です(笑)

ヤマトのページはこちら

やっぱり最強メルカリ便

前回、送料比較記事を書いた時も思いましたが、
やはりメルカリ便が現時点では最強です。

ヤマト、ファミマ、メルカリの3社が提携して作ったサービスですから。

 

集客担当のメルカリ

二社を紡ぐファミマ

発送担当のヤマト

 

という風に分担しているわけですからね。

 

現実のビジネスもこんな感じで分担できると強いですよね。

集客担当のAくん
総合的なお手伝いをするBくん
コンテンツを提供するCくん

みたいな。

とまったく関係ない話ですが、
自分に一番あった発送方法を選ぶのに参考になったら嬉しいです♪

記事の中でも何度か出しましたが
比較記事を作っているので、こちらも合わせて読んでみてください^^

(参考:【最新】メルカリで送料が1番安いのはどれ?13種類の発送方法の値段を比較!

 

それでは!

 

余談:力を合わせて1億円

 

全然関係ないですが、管理人は

塾を経営していたことがあり、集客担当、サイト作り担当、先生
みたいな感じで、分担して仕事をしていました。

先ほどの話を書いている時に
「あぁ、これ一緒だなぁ」と思って、ついつい書きたくなりました笑

 

メンバーは元々個人でビジネスをしていた人間だったんですが、
塾を作るタイミングで集団で一緒にやることになったんです。

それぞれが、自分たちの集客媒体を持っていたため
そこから集客をして初年度で約180名もの集客をすることができ、
年商約1億円もの金額を上げることができました。

 

これは単純な分担の威力、だけではないですが
分担する前まではそれぞれ
1000万円ぐらいの稼ぎだったので、

単純計算だと3人よって3000万円ですよね?

それが1億円になるって凄いことだと思いませんか?笑

 

そんな稼ぎを上げる軌跡などについて、
実は管理人のブログでも公開しているので、
もし興味があれば見てみて下さい^^

管理人のブログはこちら

それでは、余談でした〜

 

 - 送料、発送方法など