メルカリで商品を梱包するときの9つの手順!絶対にクレームが来ない方法

      2016/03/22

ic_merikari_konpou

テン子
商品ってどうやって包めばいいの?

商品を発送するときは、それなりに工夫が必要です。

今回は、その「王道」の梱包方法を説明していこうと思います。

実際に、オークションサイトで1000回以上使われているやり方なので、
ぜひ真似してみてください。

今回は、カメラの「レンズ」を梱包してみましょう!

用意するものはこちら

基本的に用意するものは次の4つです。

・ダンボール(適正サイズ)
・プチプチシート
・梱包材(新聞紙でも可)
・ガムテープ

 

・ダンボール(適正サイズ)

IMG_2216

今回使ったのはこのダンボール。

ダンボールワンというサイトで変えるダンボールはかなり安いので
もし今後も、たくさん出品していきたい方は買うのもありじゃないかなと思います。

ですが、もし単発出品というか
家の不要品を売りたいだけという場合は、ダンボールはなんでも良いです。

この場合だったら買うのはもったいないです。

 

そういう場合は、

 

ぴょこた
近くのスーパーやコンビニ、薬局などからもらうのがいいです。

 

いらないダンボールをそのまま

ショッピングパパ
持っててええんやで

と書いてくれてるお店もありますし、

そうかいてないお店でも

テン子
すいません、いらないダンボール貰って行ってもいいですか?

と聞けば、普通にくれます。

お店側も普通にダンボールは破棄するので、むしろ持って行ってくれるのはありがたいのです。

だから、遠慮せず、ガンガンもらってあげましょう(笑)

資源の再利用です。

 

ぴょこた
ただし貰うときに注意するべきことがあります。

 

それは、
ダンボールに匂いがついていないかどうかです。

 

野菜や魚などの生物入れていた箱は、匂いがついてしまっている可能性が高いので

そういうのはやめます。

ペットボトルや、カップラーメン、お菓子、消耗品など、

外に匂いが漏れだしていないダンボールをもらうようにしてくださいね♪

 

・プチプチシート(新聞紙でも可)

 

IMG_2220

皆お馴染みプチプチシート。

特に家電製品などの衝撃で壊れる可能性があるものに関しては
出来る限り使ったほうがいいでしょう。

ホームセンターやAmazonでも比較的安く買えるので、
プチプチは買っておくことをお勧めします。

こういうやつでおっけーです。

ぴょこた
ただ、どうしても節約したいという場合はどうするか?

 

どうしても節約したい場合はビニール袋と新聞紙で代用します。

1,新聞紙で商品をぐるぐる巻にする。

2,この時綺麗に巻くのではなく、適当に空気が入るようにクシャクシャにする。

3,巻いた商品をビニール袋に入れる

4,ダンボールの中に収まるように、ビニール内の空気を調節する

 

こうすることで、プチプチと同様かそれ以上の
耐久性がある梱包ができます。

ぴょこた
新聞紙やビニール袋を使うときにも注意があります。

それは、匂いです(再び)

新聞紙もビニール袋も家にあるものなら大丈夫だと思いますが
例えば、タバコの匂いがついていたり、ゴミの臭いがついているとそれまた商品に悪影響を及ぼします。

出来る限り、綺麗な状態の新聞紙を使いましょう。

 

・梱包材(新聞紙でも可)

IMG_2219

梱包材とは、プチプチとは別の商品の衝撃を和らげる緩衝材の事です。

上の図にもあるように、空気が入ったパックみたいなものを使います。

これもAmazonなどで普通に買えます。

ただ、これはちょっと高いので、
新聞紙などの紙をクシャクシャにすることで代用でも全然オッケーです。

商品とダンボールの間に隙間が生まれるので
その隙間をこの緩衝材(or新聞紙)で埋めていきます。

 

どうでもいいですが、

ちょうどはじめしゃちょーがこれを1000個使って最強の防御の状態を作り出す
みたいな動画と、これを1000個割るという動画を作っていました(笑)

はい、どうでもいいですね(笑)

 

・ガムテープ

最後にガムテープです。

これも、特に決まったものはなくてなんでも良いんですが
もっとも安く作りたいなら、こういう透明なテープが安いです。

 

IMG_2218

頑丈性に関しては、
実はガムテープとそこまで差はありません。

ただ、使いやすさはガムテープの方が上なので
このへんは好みで。

セロテープは細すぎるのでダメです笑

 

梱包いきましょう!

 

ぴょこた
では実際にレンズを梱包していきましょう!

まずダンボールを組み立てます

IMG_2216

テープを使って、ダンボールを組み立てますよ

IMG_2217

こんな感じで側面の部分も止めると丁寧ですね♪

IMG_2218

次に緩衝材を敷き詰めます

さっきも言いましたが、ない場合は新聞紙を

クシャクシャにするのでも大丈夫です!

IMG_2219

商品をプチプチで巻きます

このように。

IMG_2220

IMG_2221

Nikon制のレンズです。

もしプチプチがない場合は

先ほどいった「新聞紙+ビニール袋」で代用しましょう。

ダンボールにプチプチで包まれた商品を入れます

IMG_2222

この素早い手さばき。

重要です。

(ゆっくり丁寧にやってください)

IMG_2223

商品とダンボールの隙間を緩衝材で埋めていく

IMG_2224

こんな感じで。

しつこいようですが、ない場合は新聞紙をクシャクシャに丸めて
代用してくださいね。

ダンボールの蓋を閉めましょう

IMG_2225

このとき注意が必要なのは、

ダンボールと商品の隙間が開いていないかの確認です。

緩衝材やプチプチがあるので、大丈夫だとは思いますが
出来る限り、ダンボールの中身はパンパンにしておくほうがいいです。

運ぶときに、中身が揺れると何かの表紙で

商品がダメになる可能性も捨てきれないからです。

(特に精密機械の場合は)

蓋をして仕上げ♪

IMG_2226

 

IMG_2227

 

IMG_2228

 

はい!これで出来上がりです!

 

他にも様々な梱包があります

この方法はあくまで一例。

ですが、この方法でやればまず間違いなくクレームはつきません。

むしろ感謝されます。

 

テン子
こんなに綺麗に梱包してくれるなんて・・・

と。

服や、DVD、CD、本、雑貨、小物アクセサリーなどは

もっと簡易的な梱包方法があるので、
この方法を使う必要はないですが

家電や家具などある程度の大きさがある商品は
出来る限りこんな感じで丁寧に梱包しましょう!

それでは、今回の記事は以上です。

最後までご覧頂き、本当に有難うございました!

 

 

 

 - 未分類