初心者必見!メルカリの2種類の専用ページのメリット・デメリット

      2016/03/27

ic_senyou_2meridemeri

テン子
専用ページってどうやって作ればいいの?

「専用にしてください」と初めてコメントで言われた時は、誰でもこう思います。

このページでは、専用ページを作るやり方は2パターンあり、どちらを使ってもいいのですが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

専用ページを使った人が「トラブル」に巻き込まれることは少なくありません。

メリット・デメリットを知った上で、絶対に失敗しない専用ページを作っていきましょう。

専用ページを作る2つのパターン

ぴょこた
先ほどもいいましたが、専用ページには主に2つの作り方があります。

 

・今のページを使う

・新しいページを作る

の2つです。

 

それぞれの作り方にメリット・デメリットがあります。

簡単にまとめると、こんな感じです。

  メリット デメリット
今のページを使う

・楽で簡単

・すぐ出来る

・他の購入者候補がいる

・横取りされる可能性がある

・他の人がやり取りを見ている

・稀に通報される

新しいページを作る

・こっそり出来る

・綿密なやり取りができる

・より相手が買ってくれやすい

・ちょっとめんどくさい

・多少時間がかかる

・キャンセルされるとキツイ

 

専用ページの作り方はこちらから

もし、もう「こっちのやり方で作るよ!」と決まっている人は

こちらの作り方のページを御覧ください

 

今のページを作るやり方↓

初めてでも30秒で出来る!メルカリの専用ページの作り方-簡単ver

 

新しいページを作るやり方↓

メルカリの専用ページの作り方!トラブルを回避する9つの手順-本格ver

 

それでは、メリットとデメリットの解説をしていきます。

 

今のページを使う場合の3つのメリット

ぴょこた
今のページを使うと、とにかく速い!

メリットはこちらの3点です。

楽で簡単

今のページをそのまま使うので、基本的にはほとんど手間がかかりません。

新しいページを作ることと比べれば、比較的手間が少なく、楽にできます。

すぐ出来る

 1,タイトルを変えて
 2,写真を変えて
 3,値段をちょこちょこイジって
 4,コメントでやり取りする

やることはこれだけなので、時間も全然かかりません。

すーぐできちゃいます。

他の購入者候補がいる

専用ページを作って、購入者を決めたとしても、

その人が買ってくれない、ということもあります。

購入者が

ショッピングパパ
諸事情でやっぱり買えなくなりました。ごめんなさい。

と言ってしまえば、その取引は自動的にキャンセルになってしまうのです。

 

専用ページとはあくまで、口約束の域であり、
契約ではありませんからね。

実はこれがトラブルの原因になってます。

 

こういう、「やっぱやーめた」が起こった時に、元の出品ページでやり取りを続けていれば、専用の購入者を決める前の他の欲しい人達が買ってくれる可能性が十分あります。

元のページを消して新しいページを作るやり方だとこれが出来ません。

(元のページを消さぬまま、新しいページを専用にすれば新しいページを専用にする場合でも同じことができます。)

そういう効果を狙いたいのなら、元のページを使うメリットはあります。

 

今のページを使う場合の3つのデメリット

ぴょこた
横取りされる場合も・・・

デメリットは以下の3つです。

横取りされる可能性がある

たまにあるのが、専用ページに作り変えようとしていたタイミングで他の購入者に買われてしまうことです。

 

これを「横取り」と言うのですが、これは規約上、別に悪いことではありません。

 

メルカリは即購入を優先する

「早い者勝ちのシステム」なので、

専用ページを作ります!

ということで、購入者が決まっていようとなんだろうと、購入ボタンを速く押した人が購入できるシステムなのです。

タイトルを◯◯様専用としようとした直前で、他の人が買ってしまうということちょくちょくあります。

 

 

他の人がやり取りを見ている

専用ページにしようとしている流れは、他の人に見られています。

そこからの「いついつまでに買います」みたいな、購入までのやり取りも基本的には他の人に見られる状態になります。

フリママ
見られるのはなんか嫌だ!

という人は少なからずいるので

 

出来たら別の専用ページを作ってそこでやり取りしたいという人もいるでしょう。

他の人にやり取りを見られたくない、という人にとってはこれもまたデメリットです。

 

稀に通報される購入できなくなる

たまにブランド品などでよくあるのが、「通報」です。

あまりに値段が安い状態で、購入が決定してしまったら運営側が勝手に「キャンセル」の手続きをしてしまうことや、利用者からの通報によって、偽物と判断されてしまうこともあるのです。

 

新しい専用ページを作れば、ほとんどそういうことは起こらないのですが、そのままのページを使っていると通報による取引キャンセルが稀にあります。

 

 

今のページを専用ページにするやり方はこちらの記事に書いてあります。

 

新しいページを作る場合の3つのメリット

ぴょこた
こっそり、ジックリ、丁寧に

 

元のやり取りをしていた、商品ページを使うのではなく、新しいページを作りそれを専用ページにするやり方です。

 

こっそり出来る

先程も言ったように、他の人に自分たちのやり取りを見られたくない人は少なからずいます。

新しいページを作れば、よっぽどな事がない限りこっそりやり取りできます。これが一つ目の魅力的なことでしょう。

 

綿密なやり取りができる

さらに言うと、こっそり連絡ができるのでより詳しいやり取りができます。

例えば、写真に写っていない商品の状態や商品をこれまでどのように使ってきたかなど、詳しくやり取りをすることで、購入者が安心できるというメリットがあります。

(元のページでもコメントのやり取りをすれば出来ますが、コッソリやりたい人は、元のページではあまりコメントしたくないという人もいるみたいです)

 

より相手が買ってくれやすい

これが一番のメリットでしょう。

自分専用のページが出来たら、相手は「これは買わなきゃ」という気持ちが増します。

せっかく作ってもらったんだから、という気持ちが起こるんです。

元のページのままだと、キャンセルやスルーできるものも新たな専用ページを作ってもらったらなかなかスルーできません。(それでもスルーしたりキャンセルするツワモノも少なからずいますが・・・)

より相手に買ってもらいやすくなるのは間違いないでしょう。

 

新しいページを作る場合の3つのデメリット

ぴょこた
少し手間だよね。。。

ちょっとめんどくさい

今のページを使って作る場合とくらべて、手間は増えます。

詳しいやり方はこちらのページでも書いていますが、手間が増える分、めんどくさいというデメリットはどうしても出ます。

 

多少時間がかかる

手間が増えるということは、少し時間がかかります。

専用ページの性質を考えると、取り置きをするのだから時間がかかるのは構わないはず。

 

ですが、新しいページを作っている間の多少のタイムラグが発生することで、コメントのやり取りに時間差が生じてスムーズにいかない時があります。

例えば、横取りが発生してしまうことも・・・

 

キャンセルされるとキツイ

せっかく新しいページを作って専用ページを作ったにも関わらず

「あ、やっぱ要らないです。キャンセルで」

と言われてしまうこともあります。

 

その場合、また一から買ってくれる人を探さなければなりません。

元のページでやり取りしていた場合は、

ショッピングパパ
あなたが買わないなら、僕が買うよ

というやり取りがスムーズにいきますが、

新しい専用ページが出来た場合は、なかなかそんなスムーズにはいきません。

 

仮に元のページで「相手の方がキャンセルになっちゃいました!」と言ったとしても、その商品を他の人が見ていない場合は、また1からページを作りなおしたほうが早く売れる場合もあります。

 

ですので、

元の商品ページ

新しい専用ページ

新しい商品ページ

計3つのページを作ることになって

とても面倒くさいことになります。

 

どっちを選んだらいい?

こうやってメリットとデメリットを並べると、どっちを作るか迷っちゃいますよね(笑)

そこで、ケースバイケースでどちらを選んだらいいかを話します。

 

購入意欲が高そうな人は、新しい専用ページ

「3日後に絶対お金が入るんでその時になったら絶対買います!!!!お願いします!専用にしてください!」

と怒涛の勢いで頼んでくる人は、かなり購入意欲が高いでしょう。

こういう「確実に買ってくれそうだな」と思う人は、新しい専用ページを作ってあげてもいいでしょう。

もちろん、嘘を言っている可能性もありますが、そこは直感で判断です(笑)

 

他にも欲しい人がたくさんいる場合は専用ページを作る必要なし!

いいね!やコメントがたくさんついていて、欲しいと思っている人がたくさんいる場合は

そもそも専用ページを作る必要がありません。専用ページを作らなくても売れる可能性が高いからです。

 

ただ、専用ページにしてほしい、と言ってきている人がいるのなら、今のページを使って専用ページを作ってあげるのもいいでしょう。

 

その場合、しっかりと「期間」を決める必要があります。

期間を決めないといつまでもダラダラと専用ページの時間が続き他の「欲しい人」にも迷惑がかかるからです。

期間の目安は大体3日。長くても1週間くらい。

 

専用ページのご利用は計画的に!

そもそも専用ページは利用者が作った独自ルールなので、
トラブルが起きてもしょうがない側面はあります。

 

横取りや、「やっぱやーめた」はどうしても起きちゃうので…

(横取りはいいとしても、やっぱやーめた
みたいな人がいるので、メルカリの評判が悪くなっちゃうんだよなぁ)

だから、自分が購入者側ならできるだけ即買。

 

値下げ交渉を軽くしてもいいので、出来たら専用ではなくすぐに買ってあげましょう。

 

これだけ専用ページについて書いてきてますが、
そんなもの作らずに、サクッと買ってしまうのが一番速いですし
売ってる側からすればありがたいですからね笑

 

出品者側も、特に問題がなければ作ればいいですが

やばそうな購入者さんだなぁと思ったら

テン子
即購入を推奨してるんで、専用は・・・すいません

みたいな感じで断りを入れても大丈夫です。

 

普通の人は専用を作ったら、ほとんど買ってくれるんですが
まれに変な人はいるんで・・・笑

 

最低限のマナーとルールは守って専用を使って下さいね!

 

それでは、ありがとうございました♪

 

 

 - メルカリの専用ページについて