メルカリの出品方法!思わず欲しくなっちゃう8つのコツを紹介!

      2016/03/18

syuppin_8tunokotu

どうやって出品したら売れやすいんだろう?

初めて出品するときは、こんな風に考えますよね。。

そこで、この記事では

出品ページを作る上で「こうやって作れば絶対にはずさない」という8つのコツを紹介します!

メルカリ歴1年以上。
取引回数721回以上の私が

「お、この出品者はしっかりしてるな!」

と思わず思ってしまう、
「出品ページの作り方」
8つのコツを教えちゃいますね♪

 

1,説明文は5W1Hをチェックしよう!

まず一番の難関、説明文ですね。

初めて書くときは「何書いたら良いんだ?」

と困ってしまいますよね。

 

そこで、今回は
チェックリストとテンプレート
用意しました!

まずはチェックリスト。

説明文を作るときは、何を書けばいいのか迷ってしまったらこの5W1Hチェックリストを見てみてましょう。

When ・いつ買ったのか?
・いつもらったのか?
・いつ使っていたのか?
Where ・どこで買ったのか?
・どこで使っていたのか?
Who ・誰が使っていたのか?
What ・何の商品か?
How ・どのように使っていたのか?
・どのように使えるのか?
Why ・なぜ出品するのか?

ゼロから考えて書こうとすると
「どうやって書いたら売れるかな?」
とか、そういうことばかりを考えて
しまいうまくかけない場合があります。

 

ですので、まずはそういう自分の中の感情を
一旦おいといて、このチェックリスト
意識しながら書けば、簡単に書けます。

 

続いて、テンプレートです。

この5W1Hを元に試しに書いてみました♪

 

説明文のテンプレート

 

====================

■Manhattan passage シティーバックパック ■

〜説明文〜

半年前に都内のバッグ屋さんで買ってから
自分で、仕事のときに使っていました。

今は新しいバッグを購入してそちらを使っているため、
こちらのバッグを出品しました♪

まだ使って半年しか経っていないので外観も内観も比較的綺麗です。
仕事の時はパソコンや本を入れて使っていました。

写真の通り、薄くてリュック型の軽いバッグなので、
とても使い勝手がいいです!

以下商品説明です。

  メーカー:Manhattan passage
    品番:#7017
   商品名:”スリム,ウェルオーガナイズド”シティーバックパック
  外形寸法:W28×H38×D10(cm)
収納最大PC:W33×H23.5×D3(cm)
    重量:570g
    容量:10L

※「Manhattan 7017」でグーグル検索すると
商品ページが出ます。

====================

ここまで書いておけば、
とりあえずバッチリです!

ただ、これを100%真似すると、
皆が同じ説明文になって気持ち悪くなります(笑

困ったときにこれを見て、
書くときのある程度の基準に
使ってもらえればいいんじゃないかなと。

 

ここまで細かく売る経緯を書かないと、売れないというわけではありません。

ですが、お客さんとしては出来る限りちゃんと商品の情報を知りたいものです。

もし説明文を書く手が止まってしまったら
このテンプレートから要素を
真似して書いてみてください♪

 

2,写真は1枚目は全体像、残りで細部を!

次に気になるのは写真です。

写真を適当にしている人が
あまりに多いように思います(笑)

商品ページを開くとき、
人は必ず1枚目の写真を見ている
ということを忘れてはいけません。

まず、用意すべきは商品の写真です。

商品の写真は、メルカリでは4枚しか貼れません。

ですので、ちゃんとその4枚で
出来る限り全てを表現する必要があります。

 

基本は

1枚目で、商品の全体像

2枚目〜4枚目で、その他を写していきます。

 

例えば、パソコンを売る時に

付属品のコードや説明書、箱
などがついているのであれば、
それも一緒に写した「全体写真」
1枚目にもっていきます。

 

もし、1枚目に全てが写っていないと

「なんだ本体だけか」と思って、見るのをやめてしまう人もいるからです。

 

付属品や複数商品で1つの商品として売りたい場合は、必ず全てが写るように撮ります。

もし、単体の商品であれば、その商品の全体像が一番よくわかる角度から撮りましょう

 

 

その後、2〜4枚目で1枚目では

写すことができなかった部分や傷や、取れない汚れの細かい部分をとっていきます

 

「ダメな部分を見せたら売れないんじゃ?」

と思うかもしれませんね。

 

ですが、写真に写ってない商品の
悪いところに購入者の方が後から気づくと

クレームに繋がって悪い評価を付けられたり、
返金の対象にもなります。

 

基本的にメルカリはヤフオクと違い、
ノークレーム・ノーリターンを許していません。

 

細かい気にならない傷であればいいですが、
もし目立つものがあるのなら、
ちゃんと写真に撮って伝えましょう♪

 

ちなみに。

家電製品、骨董品、ブランド品などの
高額商品を得る場合は

外観確認用ページ」を別ページで作り、
そちらで写真を追加するという
テクニックも使えます。

 

3,商品名は正式名称を

例えば、NIKEのスニーカー
「air force」を売りたかったとします。

こういう名前がしっかり付いている商品は

その正式名称を商品名に入れましょう

 

商品名が

「NIKEのスニーカー」

だと、「air force」を探していた人が

air forceと検索しても表示されません。

 

商品名
型番や商品名が分かる場合は、
出来る限り商品名にします。

 

また、
カタカナ表記なのか、
ひらがな表記なのか
英語表記なのか、
という細かい表示にも気を配ります。

 

air forceを

えあふぉーすと書いていたら
(書く人いないと思いますが笑)

それもまた検索に表示されません。

出来る限り正式名称を伝えましょう!^^

 

4,商品の状態を選ぶ基準リスト!

商品の状態も、出品するときに
少し迷ってしまうと思います。

そこでリストを作ってみたので、
迷った場合は、
これを参考にしてみてください。

 

 

こちらです。

 

商品の状態、判断基準リスト

新品、未使用 本当に新品・未使用品である。貰い物も、もしくれた人が使っていたのならそれは未使用品ではありません。
未使用に近い 未使用品ではないんだけど、1回2回使った程度ほとんど使った形跡が見られない場合はここ。
目立った傷や汚れなし

少しでも使った形跡が見られるのであれば、こちら。

「未使用に近い」はあくまで「1回とか2回使っているけど、本当に新品と見分けがつかない場合」のみにつけましょう。

ただ、使った形跡があっても、ほとんど新品みたいなものという場合はこれ。

やや傷や汚れあり

明らかに使った形跡が見られ、よく見ると傷や汚れがわかる場合はこれを選択します。

目立った傷や汚れなしと区別する点としては、よくみると、傷があるな、という程度で判断すればいいです。

下の「傷や汚れあり」は見て直ぐ「うわ、傷あるね」

この「やや傷や汚れあり」はよく見ると「あ、傷あるね。」

という感じです。

あとは傷や汚れの程度です。明らかに目立ってしまっている場合は、下の傷や汚れあり。本当に少しだけ悪くなっている場合は、こちらを選択しましょう。

傷や汚れあり

明らかに傷や汚れがあり、普通に誰が見ても分かるわ!

という場合はこれ。

見てすぐ、というのも当然ですがが傷や汚れが重度な場合は

こちらを選びます。

全体的に状態が悪い

全体的に、傷や汚れが広がっている商品を売ろうとはなかなか考えないと思いますが、

ジャンルによっては、状態がひどくても欲しいという人も中にはいます。

傷や、汚れが一部ではなく全体に広がっている場合にはこれを選択しましょう。

もし、迷ってしまった時はこの
チェックリストを参考につけて
みてください♪

5,やっぱり皆「送料込み」が大好き!

送料を込みにするか、それとも購入者負担にするかは迷いどころですよね。

ですが、メルカリのアプリにも
書いてあるように、
基本的に「送料込み」が好まれます。

 

買い手としても
「送料いくらかかるんだろう」
計算するのは面倒くさいですし

「それなら高くても送料込みでいいや」
となってしまう場合も。

 

中には検索するときに、
「送料込みのみ」で検索する人
いるくらいです。

 

発送料金は、予め調べておいてから

それを上乗せした金額で
「送料込み」で販売するのが

一番売れやすいとは思います。

6,値段は過去の相場を見よう

「値段はいくらにしよう?」と、

初めて商品を売る時、誰もが思うことです。

自分で売りたい値段をつける、
というのもいいですが

基本的には
「過去に売れた値段」

すなわち「相場」を見てつけるのが
一番売れやすいです。

 

相場の見方

相場の見方は簡単です。

1,売りたい商品名を検索

2,詳細検索を開く

3,販売状況を選択し「売り切れ」を選択

4,決定

5,検索

とするだけです。

 

売値の決め方は

「これまで売れた
商品の価格の平均値、よりちょい下

くらいを意識すれば大丈夫です。

 

例えば、過去に同じ商品が

・3000円
・4000円
・5000円
・7000円

で売れていたとしたら

「大体4000円〜5000円くらいを付けておけば、売れそうだな」

と判断する、ということです。

 

じゃぁ送料込みで、
4900円で売ってみようかなみたいな。

あくまでも一例ですが、
もし迷ってしまった時はこんな感じで
決めると、無茶な値段設定にはなりません。

過去にいくらで売れたかを
見ている人は以外にいるので
こうやって決めておくと

「あ、相場くらいだ」

と思って買ってもらえる場合があります。

あくまでも、
データを重視した値段決定がコツです♪

 

7,カテゴリー選択もキッチリしよう

カテゴリーも重要です。

ここを適当に選んでしまうと

「カテゴリーで検索している人」

を逃すことになってしまいます。

 

商品名はわかんないけど

とにかく「バッグ」がほしい

と探している人もいるからです。

 

バッグを出品するにも関わらず

カテゴリーがおもちゃとかになっていては、
どうしようもありません。

基本的には
売るものとカテゴリーを
しっかり一致させましょう。

 

8,迅速で丁寧な対応が評価を作る

最後に。

初めて出品するときや
初めて発送するときは

どうしていいか分からず、
手間取ってしまうこともあります。

それはしょうがないのですが、
そういう時は、出来る限り

誰かに聞いてみたり、
情報をまとめているサイトなどで調べて
最善策を最速で取っていくことが大切です。

 

仕事や学校の関係でなかなか
時間が取れないかもしませんが、

少なくとも
毎日15分から30分は自由な
時間があるはずです。

基本的には
売れたらすぐに梱包し
翌日の出来る時間帯に
発送することを心がけましょう。

 

日常がかなり忙しいなら、
「2〜3日以内に発送」
を選択しておくのもいいですが、

それでも「翌日発送」を心がけるのは大切です。

 

Amazonは、買ったら翌日には届いちゃう
というスタンスでもやっていますよね。

安くて、速い、何でもある!
で人気になっているというわけです。

 

Amazonはプロがたくさんいますが、

メルカリは素人のフリーマーケットです。

ですが、それでも
相手にお金を払ってもらって、
商品を買ってもらうわけですから
ある程度のプロ意識は大切です。

 

丁寧な梱包や、迅速な対応は
ちゃんとみんな評価をしてくれます。

 

出来る限り速く速くを心がけましょう♪

 

プロの素人を目指せ!

フリーマーケットとはいえ、
メルカリは一つの市場です。

お小遣い稼ぎでやっている人もいれば、

商売として
メルカリを使っている人も中にはいます。

 

そんな人達に負けないためにも

簡単なコツを掴んでおくことは大切です。

 

かといって、「業者っぽく」なりすぎてしまうと

今度はそれで買われなくなったり・・・

 

なので、目指すは「プロの素人」です。

そこまで、業者っぽくはない

でも、すげー丁寧!みたいな。

 

プロの素人とは、

「この出品者はしっかりしていて信頼できる。
値段も相応だし、説明もしっかりしている。
写真もわかりやすい。対応も丁寧。」

という、高い評価が出来る
素人出品者のことです。

 

最初は誰でも初心者です。

だからこそ、
まずは簡単なコツを掴んだ出品方法を学び、

それに沿って
出品ページを作ってみましょう♪

それだけで、他の適当な初心者出品者から
一歩抜きん出ることができます!

 

良い買い物ライフを!

それでは♪

 

 - メルカリの出品方法について