メルカリって出品者検索できるの?2つのいいね!を使う裏ワザとは?

      2016/03/23

ic_merikari_syuppinkensaku

 

 

結論から言うと、メルカリでは

出品者検索は出来ません。

といういきなり、オチを言ってしまったんですが、

実は、為す術がないわけではありません。

 

 

裏ワザはあります。

出品者検索をせずとも、

出品者を探す方法は存在するんです。

あの出品者にもう一度・・・

フリママ
あ〜、どうやればいいのかしら〜
ショッピングパパ
どうしたんだい、ママ
フリママ
あら、パパ。聞いてよ〜。商品買ったんだけどさ〜、支払い方法間違えちゃって!
ショッピングパパ
ふむふむ
フリママ
ショッピングパパ
う、うん。再出品してもらうやり方ね。
フリママ
相手にお願いして、再出品してもらうことにはなったんだけど、そのページが出てこないのよ〜
ショッピングパパ
で、出品者を検索しようとしたけど、その方法がわからない・・・と。
フリママ
そう!これどうすればいいのかしら〜 あのバッグめちゃくちゃ欲しかったやつなのよ〜。シャネルのバッグ〜
ショッピングパパ
しゃ、シャネル・・・
ショッピングパパ
そ、そうなんだ・・・じゃぁ今回は縁がなかったってことで

 

ぴょこた
出品者検索はできないけど、代わりの方法はあるよ!
ショッピングパパ
げっ・・・
フリママ
あら、ぴょこたちゃん!さすがだわ!私はどうしたらいいの?
ぴょこた
今から説明していくよ!あとで、人参ちょうだい♪
フリママ
良いわよ〜ぴょこたちゃん!
ショッピングパパ
・・・ 余計なことを・・・

 

 

 

先ほども言いましたが、

こういう場合、改めて出品者を検索することはできません。

ですが、事前に準備しておけば、出品者検索の代わりになることはできます。

 

いいね!機能を利用する

メルカリには、「いいね!」をする機能があります。

Facebookなどのいいね!とは違って、メルカリのいいね!には「ブックマーク」的な役割があります。

このいいね!は出品者に対してつけるものではなく、商品に対してつけるもの。

いいね!をつけておくと、ページを一回消してもまた、ホーム画面からいいね!をつけた商品ページに飛ぶことができます。

 

今回はこの機能を利用してやればいいのです。

 

出品者を検索するすべがないのなら、

商品をいいね!すればいいじゃない

 

ということです。

 

商品ページに飛べるということは

当然ですが、出品者情報も見ることができます。

 

つまり、気になる商品を売っている出品者がいれば

その出品者が他に売っている、あるいは売っていた

商品ページにいいね!を押しておけばいいのです。

 

そうすることで、万が一欲しい商品のページが削除されたとしても

いいね!したページが消えてさえいなければそのページから飛んで、

出品者にたどり着くことができます。

 

 

SOLD OUT(売り切れ)の商品ページにいいね!

実は、メルカリでは売り切れた商品にもいいね!を押すことができます。

これを利用すれば、売り切れページは今後消えることはないので、

そこに押しておきさえすれば、基本的には大丈夫です。

 

いいね!を押した商品ページに飛び

出品者ページに飛ぶ。

 

これで、その出品者が再度商品を出品しているかどうかなどの確認ができます。

出品者に連絡を取りたい場合

 

フリママ
なるほど!いいね!を使えばよかったのね!
ぴょこた
そういうこと!案外知らない人もいるみたいだから、ちょっとした裏ワザだね。
ショッピングパパ
余計なことを・・・ どうしよー!!!10万円とかするバッグだったら、僕のボーナスがぁあああああああああ
フリママ
あ、出品者さん見つけることできたわ!ただ、、、まだ再出品してないみたいねぇ。
ショッピングパパ
いえす!!!
フリママ
この人にメッセージを送る方法ってないのかしら・・・?
ぴょこた
もちろんあるよ!
ショッピングパパ
!?
ぴょこた
これも、公式の機能ではないけど使っている人はうまく使ってる裏ワザみたいなものだよ!
フリママ
ぴょこたちゃん教えて!
ぴょこた
もちろん!
ショッピングパパ
・・・・・・・

 

出品者に連絡を取りたい場合は、

直接メッセージを送るすべはありません。

ですので、今回も

「商品ページ」を活用します。

 

その出品者のまったく別の商品ページを開いて

その商品ページにコメントすればいいのです。

 

例えばAという商品を買おうとして
専用ページを作ってもらったとします。

購入は至ったけれども、支払い方法変更のため
再出品してもらうことになります。

その再出品の前に、予め、その出品者さんの
別の出品商品のページにいいね!を押すところまではしました。

で、もとの専用ページが消えます。

ですが、なかなか新しいページが出品されません。

そこで、予めいいね!を押しておいた商品ページにコメントをするのです。

 

フリママ
再出品、お待ちしております♪だいたいいつくらいになりそうですか?

 

という感じで。

 

このように、商品のページを利用することで
擬似的に出品者さんとのやり取りが可能になります。

気になる商品があったら、2個いいね!を

フリママ
なるほど!そうすればよかったのね!
ぴょこた
簡単でしょ?
ショッピングパパ
なんで、簡単なんだ・・・諦めればいいのに・・・
フリママ
うん!今度からもこれ、使ってみるわ♪
ショッピングパパ
使わなくていい!僕の、僕のお給料が飛んでいくよ!

 

今後、もし専用ページを作ってもらったり
どうしてもこの商品は逃せないという商品がある場合は、

その商品にいいね!をまず押すこと。

さらに、その出品者のページから
売り切れの商品を見つけて、

その売り切れの商品にもいいね!を教えておくこと。

 

これで、万が一自己が起こっても、
連絡は取れるような状態を作ることができます。

 

・商品名で検索すること

・専用を作ってもらったのなら、ネックネームで検索すること

 

など、他にも方法はありますが、

いいね!を2個押ししておけば、とりあえずは大丈夫なはずです。

 

コメントをすると、ちゃんと相手に通知もいくので、
基本的には反応してくれるはずです。

是非、使ってみてくださいね!

 

フリママ
あ〜!別の人に買われちゃってる!!!
ぴょこた
あ、あらら
ショッピングパパ
おお!よかった!!!これで・・・うちの家計は守られた・・・
ショッピングパパ
ざ、残念だったね〜・・・まぁうちも貯金しなきゃだから、今回はこれでよかっt
フリママ
あ、欲しかった商品で検索したらまた、別の人が出品してるわ!この人から買ってやるわよ・・・!
ショッピングパパ
た・・・
ショッピングパパ
・・・
ショッピングパパ
・・・
ショッピングパパ
・・・く

 

ご利用は計画的に!

 

 

 - メルカリの出品方法について